”一人交換日記”

2018/8/28 Thu. 余市から豊浦へ ヒッチハイク 1人目まで

 

7時半起床、みんな出る準備している

ゆっくり帰り支度

 

ドイツからの子起きてくる、おしゃべり

今日は面接があるのでおやすみ

旅はじめたのは去年くらい

香港、台湾に行った。日本は7月から来てる

 

友人起きてくる

一般社会で生きることについて話す

バカにされても笑っとけばいい、

何か言われたとき高いプライドによって

反応が硬くなってしまうと生きづらい

心当たりありすぎてイタタタタ、

山小屋バイトのときマジでそんな感じだったなあ

 

いろんなアーティストとかイベントを教えてもらう

渋さ知らズオーケストラ、山海塾暗黒舞踏)、るうちゃん

渋谷のシンクロニシティ、国立のラブパレード

観てみよう、行ってみよう

 

ドイツからの子の郵便貯金口座開くために郵便局へ

書類、書き直しに次ぐ書き直し

英語版書類もないしどう考えても日本語話者じゃない人は書けない仕様、、

どうなってるんだ、、、

姓名の順番の案内が何度も入れ替わる。サインの書き方も。。

局員さんも大変だ、、ちゃんとガイドラインが統一されると良いね、、、

 

手続き自体は簡単そうだったけど

2時間かかった。その後彼女は倶知安へ面接へ発った。

 

美味しいトマトがたくさんあるので

今日はトマトリゾッドっぽいものをつくってみる。

ゆっくりする。もうちょっとこうしてたいけど、

そろそろヒッチハイクを始めなければならない。

友人に別れを告げ、13時半からヒッチ開始。

今日中に着けるのかな。。

 

とりあえず余市で5号線沿いを歩きながら看板を掲げる

通り過ぎていった車もまあまあいた、けど

目標にしてたセコマに着く前に乗せてもらえた!

歩いてると晒し者になる苦痛が全然ない

 

スキー場や山小屋の仕事を渡り歩いていた人だった

尾瀬にもいた、共通の知人もいた。世界狭いー

愛知出身、いろいろ教えてもらう

紅葉の美しい香嵐渓

日間賀島のタコが美味しいこと

三河の渓谷

 

北海道だとペウレ島のウミドリがすごかった(どこだろ、地図でてこない

海外だとコスタリカ自然公園がすき

尾瀬では裏燧の林道がよかった

ってことも教えてもらった

 

倶知安までって看板掲げてたけど

ニセコに帰るということだったのでそこまで乗せていただいた

Homacに寄ってる間次にお世話になるお宅に電話

ヒッチの途中で暗くなったりしたら迎えに行くから電話ちょうだいって

なんて親切なの、、、ありがたすぎる、、、、

 

ニセコの道の駅まで乗せていただく。

おすすめしてくれたソフトクリーム食べる。濃厚~

 

(つづく)

2018/8/27 Mon. 余市2日目

 

朝ゆっくり起きる。

友人起きる。パンケーキ焼こう。

プルーンジャムとホイップ乗っけよう。

 

一緒にゴミ出しして、イオンに買い出し

100均で買ってた卓上ライト、良さげだった

クリーム調達、帰る

友人疲れている、

やっぱりお腹に赤ちゃんいるときそれだけですごく体力使うのだな

 

パンケーキ焼く。ふんわりこんがり焼ける

ジャムとホイップを盛り盛り、最高の眺め

美味しくいただく、ゆっくりする

いい音楽、この空間、ふたりと一緒にいることが幸せ

でも2人はそれぞれ大変そうにしている

いつか禿げる恐怖に苛まれてる、笑

 

だいぶゆっくりしてウイスキー工場向かう

早上がりした友人の友人も加わって。

 

ウイスキーゆっくり飲む。味わう。

2人は病院に向かう

おしゃべり。

Vipassanaのこと、NVC(non-violent communication)のこと

 

工場とか資料館ゆっくり見て回る

ペースが同じくらい、丁寧に見ているから、

急がなきゃとか余計なストレスがない。

創業者竹鶴のこと、面白い。

蒸留とかの過程はむずかしくて相変わらず頭に入ってこない、笑

 

でた後、歩いていい感じのカフェへ。

めっちゃ内装すき。。。

ラズベリーアイスクリームいただく。

質問する。ダンサーってどうやってなったのでしょう、、

暗黒舞踏のこと聞く

 

踊りたいんです。「見てもらいたいの?」

わからない、、見てもらいたいけど、、見せられるものになってない気がして

非言語的コミュニケーションのひとつとして、できたらいいのになとか思う、

「踊りたいって気持ちが一番大事なんじゃない?」確かに。

なぜうたう。なぜおどる。同じ答えがそこにある。

 

2人が乗っていたジープは壊れた。なかなか帰れなそう。

今日は温泉行くのをやめて、採れたて美味しいトマトで

トマトチキンスープ作った。超美味しい。

ドイツからの子とちょっと話す。嬉しい

ベトナムからのふたり、深夜に超exciteしてる。

なんだろと思ってるとサッカーだった。

どだった?って聞くと勝った~!ってめっちゃ嬉しそう、可愛い。

 

深夜にノート書く。今日の分まで書けた。おやすみー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/8/26 byebye札幌、小樽ディープ、hello余市 余市から

 

南小樽駅から乗る。

余市、2年ぶりの友人と再会!!!髪青くなってる~

「ヘナのあと脱色したらこうなっちゃった」らしい

綺麗な色、でも自分の意図した色じゃないと

人から「~色だね」って言われたときもやもやするのわかる~

 

ジープに乗る、シェアハウスは駅からほんとすぐ近く。

おしゃれなコーヒーショップの2階。

余市川温泉 宇宙の湯へ。建物の上にロケット。

お湯は白濁系。

露天風呂は半室内だけど木造りで年季入ってて良い雰囲気

水風呂温度が丁度よくて入りやすい、温冷交換浴とても捗る

 

今日会った友人の友人とおしゃべり

藤野はアーティスト多い町らしい、確かにシュタイナー学園とかもあるな~

地元トーク、武蔵野台、多磨、荻窪、武蔵境、めっちゃ近所 笑

ダンサーさんをされてるらしい

 

コンビニ寄ってお酒を調達~

帰ってふたりでお好み焼きつくる

ドイツからの子、ベトナムからの子も加わっておしゃべり

言語交換楽しい~

せっかく一緒に話せてたのに空きっ腹の酒にやられ眠くなってしまう、アホー

 

ソファで寝てたけどかゆくなった()ので

銀マットを敷いて床で寝る。快適。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/8/26 byebye札幌、小樽ディープ、hello余市 /小樽まで

 

9時半挨拶してお家を出る。

彩味に向かう。丁度開店時に入れそうだ。

今日なにするかを考える。そうだ小樽に行こう。

彩味美味しい。辛味噌ラーメン。

味噌ハマったな。だしが美味しいのかな

めんもしっかりめでとてもよかった(硬麺好き)

 

美園から地下鉄でさっぽろへ

小樽は券売機にでっかい「小樽690円」というボタンがあって

とてもメジャーな行き先だということがわかる 不安になる(観光地苦手)

 

電車でタヒさんの詩を読む

まさに今私が必要としている言葉たちだ

ひとつひとつが私の生に呼応する

太田市での展示(10/21まで)も行きたいなあ

 

電車の中、メガネイケメン系の(女の)子

恋生まれたりしないかな、話しかけてみようかな、無理やろ、

勝手に妄想してる間にその子は南小樽で降りていった

 

小樽。

数時間しか滞在しないし荷物を持って歩く。重い

ツルハで紅茶を一本買ったとき、

レジの方の「お気をつけて。」という一言が嬉しかった

 

当て所なく適当に歩く

ガラスのお店は小綺麗っぽいとこが多くていまいちピンと来ない

昨日「爪を完全に切れない(痛いから)」という話しをしてて「やすり使ったら」

とアドバイスもらった矢先に出会ったガラスの爪やすりだけ買った 笑

観光地でも実用品しか買えない、、 でも300円と現地価格で良き

 

昨日友人から聞いた怪しい昆布屋を発見する

「7日経ったら、鏡をごらん」とか謎のコピーが炸裂している

やっぱり面白いな ポリポリ昆布購入

 

ちょっと歩いたところに「出世前広場」という謎のスペースを発見

怪しい看板があるしなんだろう、と入ってみる

(この旅以降、怪しい場所があるととりあえず入る、という習慣が身についた、)

アンティークショップがある、店主のおじちゃんと話してみると

昆布屋の名物創業者さんだった(!)

面白い話色々聴く

日本人の先祖、朝鮮人70%説とか(詳しく知りたい)

小樽がどのように栄え、一度は落ちて、いかに再生していくかとか。

その人の昆布屋さんはモンゴル、中国の方が重要なポストで仕事してるよとか

グローカルで良いな

 

ふらふらしてるって伝えると社員になりなさいって言われる 笑

今は引退して町おこし、人づくりをしているそうな

気になる。また時間をつくって来てみようか。

 

広場を後にする。

外見ポップなアンティーク屋さんを見つける。

ポップすぎるかな、でも惹かれる、入ってみると

ガチのアンティーク屋さんだった

値段的にも、、中国の古い食器とかはみんなすごい価格

 

超超超可愛い、、、可愛いで埋め尽くされている

ガンガンジャズ喫茶並みの大音量でハワイアンがかかってるのも

異空間感を醸していた、とてもすき

 

イヤリングをふたつ購入

ほんっとにお店可愛いですね!!!って爆発寸前の想い伝えたら

褒めてくれたから~って言っておまけのおかしを2つ入れてくれる 笑

ほんと可愛かった、また来たい

 

ふらりと立ち寄ったけど、2つも出会ってしまった。

小樽。来てよかった。

 

(ちょっとつづく)

 

2018/8/25 Sat. 坂会館と、電話 坂会館以降

 

札幌ディープスポットである坂会館行く、めっちゃ好み

緊縛リカちゃん可愛い

電話が長引いて1時間しかいられない、数時間はいないとじっくり観られない

また来よう

スタッフの人ともお話できた

ビスケットも坂会館と隣のお店で1つずつ購入

ビスケット屋の社長さんがここをつくったみたい

 

坂会館を出る。寒い。

琴似駅に向かう。札幌駅着く。寒い!!!

六花亭が見つからなくて同じブロックを2周してしまった笑

喫茶ラストオーダー終わってる、おーまい

バターサンドとサクサクパイ購入。

 

2人と一緒に美味しい回転すし屋さん、トリトンへ。

「同居人さん、大丈夫だった?」

「んーなんか好きな人できたらしくて」

笑。なんだその状況、とちょっと呆れ気味に笑われる。

トリトンに着く。1時間半待ち。ぶらぶらする。

2nd streetで扇風機を見る2人。

ドラム式洗濯機って新品30万とかするんだね、とか

キャンプ道具多いのは北海道ならではかもね、とか。

 

車で待つ。なんでトリトンっていうんだろう、

神話に出てくる神かな、手塚作品にもあるね、人魚か、

そもそも論を投げかけたとき一緒に考えてくれるの嬉しい

 

時間になる、初アワビがコリコリ

生サーモンとろっとろ美味しすぎ~

たこの頭もこりこりして美味しい~

 

すごいスピードでいっぱい食べて

早々にお腹がいっぱいになって眠くなる笑

 

帰っておしゃべりする

ディープな場所を集めた本を読みながら

青森やばいなーってなる

キリストの墓、行かねば

 

どういうふうになったら僕が幸せなのか、って話しに付き合ってくれる

ポリーに生きてみようか、病気には気をつけてね。とか。

 

1時就寝。

 

 

2018/8/25 Sat. 坂会館と、電話 坂会館前まで

 

「できることなら、傷つかずに別れたい」

すきって気持ち、戻ってくるんだろうか。

 

7時半から10時半まで日記。時間かけすぎた。

洗濯、準備。おうちを出る。

11時半、おすすめのラーメン屋さん彩味行列、

警備員さん「あと1時間25分」と教えてくれる

明日の方が良いでしょうか、

明日9:50に来れば開店時入れるよ。そうすることにする。

 

札幌にいた友人に聞いたおすすめラーメン屋さんを3つマップにピンする、

一番行きたいとこは夜しかやってない、今回は行けないな

ひとつはつけめん

もうひとつの旭川ラーメン行くことにする。

今日のメイン・レトロホール坂会館と最寄駅が同じだし。

 

琴似駅下車。

並んでるだろうかとビビっていたけど、問題なく入れた。

味噌ラーメン美味しい。北海道きて味噌ラーメンで美味しさを知った。

 

坂会館に向かって歩きながら電話。

突然風が強まる。寒い。

台風の影響で豪雨のはずだった(JRは昨日から運転見合わせを発表してた)

のが曇りで済んだのは幸いだった

 

帰省、どうしてる。近況聞く。

私の近況も話す。

 

メールで、君が遠くなるほど惹かれるって書いたことどう思った、

って聞く。分からない。分からないばっかだな。

なんかこの答えの歯切れの悪さは、なんとなく。

好きな人できた?うーん、うーん。どこの人?

あそこの人?それともどこどこの人?

「そこではない」ってことは、いるんだね。

あの人か。僕も会って話した。ふうん。

 

どこが好きなの。仕事できるとことか、やられちゃう。

うわ、分かるわ。僕も最近スペック高い人にばっかやたら惚れてしまう。

単純か。なんか、そういう段階なのかな。

しかも想い届く見込みは今のところないという。そんなとこまで一緒だね。

 

他の人とも親しくなってそれでも戻って来られたら良いのになと思う、

「それは無理だ、モノガミストだから」そうかなあ、

 

ひとりで生きること、あまりにも広くてこわい、

僕はすぐ人を好きになるけど、

その人にとって僕は数百人の友だちの中の1人でしかない、

そのことに思い当たってしまうと時たま怖くなる

 

君と過ごした多くの時間が

僕がどういう人間でどんな人生を過ごしてきたかを教えてくれるという気がしていて

君がいなくなったら僕はいったいどんな人間なのかわからなくなってしまう

って気がしていて

そんなの思い違いだろうけど、おかしいだろうけど

僕は僕だし、過去は忘れてても消えてないはずだし、

でもとても心細いのだ

 

電話の間は、何か不思議なくらい冷静に話せた

たぶんこころのどこかでは予想していたことだったし

この旅の中で繰り返し人に相談していて、シュミレーションしていたから

 

(すこしつづく)

 

2018/8/24 Fri. 札幌で温泉 ダムのあと

 

いよいよ温泉

建物外観もいい感じ、近年新しくしたらしく中も綺麗、

そして温泉内、衝撃。

鍾乳洞みたく溶けてる。赤い。全体的になめらか。

四角いところがない。

内湯、あっつあつ。外湯はぬるめ。

外、山が見える。山の中だ。

水車があってお庭があって、高い方から温泉が流れ込んでいる。

 

とてもtradな温泉だけど、

インドカレー屋が同居している!

ちょーーーーーーいいにおい、

でもやっぱり全部カシューナッツペーストが入っている

北インドカレー食べられないのつらすぎる

 

ハスカップジュースいただく。初ハスカップ

完全にストライク、、、

この酸味と甘み、血のように黒いくらい真っ赤な色も最高に良い。幸せ。

 

札幌ピリカコタンへ。

ここの展示物はさわれる!英語表記もある!とても楽しい

伝統的な遊びだった輪投げもする、むずかしい

シャケの皮の靴めっちゃしっかりしている

かんじき(やわらかい雪の上をあるくやつ)の仕組み知りたい

 

コープに寄る。ばんごはん買い出し~

今日のばんごはんは

秋刀魚の刺身、鰹のタタキ、モロヘイヤのおひたし

ホタテバター焼、トマトなすバジルモツァレラのサラダ、

ブロッコリーのマリネ、行者ニンニクのつけもの

おいしすぎた。ビールたくさんいただく。

 

帰る。次泊まる人連絡しなくて大丈夫?と声かけてくれる

連絡と、スケジュールを考える

稚内-札幌間の300kmを経た今では

60kmとか90kmとか、近い!!!って感覚になっている

ありがとう北海道

 

すこしだけお手伝い、なす皮むき(意外とむずい)、お刺身並べて、バジル摘んで。

ごはんできる。かんぱーい。

 

よもやまばなし、

 

冬、ストーブの灯油はストーブ内のタンクじゃ足りないから

外付けのでっかいタンクを使うという話を聞く

締め切って換気を怠っていたら頭が痛くなって、

嘔吐が始まって一酸化炭素中毒だって気づいたという

 

ミニシアター系好きですって言うと

そういえば劇団の方だった、イメフォとかアップリンク良いよねって話できた

オマールの壁は2人で観に行ったそうな、よきかな

 

香川照之氏やばいって話しになる

昆虫展のことは知ってたけど、昆虫番組まで持っていたとは

すんげえテンション、狂気、超面白い

 

チャリ大好きって話し、チャリ旅のこと聞く

紀伊半島能登半島、四国を回った

2人でチャリ旅すると喧嘩するよねー(わかる)

でも3人だと21とかならん?やっぱりなったらしい。笑

 

夜ふけていく。夜遅く寝る。